【オタクのための結婚相談所】とら婚ってなに??

婚活

オタクのための結婚相談所があるらしい

 

こんにちは、オタクだけど結婚したい僕です。

オタクの恋愛って結構、ハードルが高いです。

僕は自分を棚に上げるのが得意なので、恋愛するなら可愛くないとヤダし、結婚するなら料理が得意で、共働きで、でも・・・と相手に求めてしまいがちです。

でもでも、婚活したいけど、出会いもないし、オタクだし、趣味を理解してくれる人とじゃないと結婚生活なんて苦しいだけだし・・・ともやもやする毎日です。

そんなときに、見つけました、オタク専用の婚活パーティ!

さっそく調べてみました!!

 

とら婚って??



オタクのための結婚相談所

とら婚はオタクのための結婚相談所です。

集まるのは、女子も男子もオタクだけ。

100%オタクだけ。

カウンセラーもオタク

とら婚のすごいところは、なんと、結婚相談所で唯一、カウンセラーもオタク。

こちらの気持ちを、理解してくれるスタッフが常駐してくれているのは嬉しいポイント。

安心のシステム

とら婚は、「日本結婚相談所連盟」に加盟するれっきとした結婚相談所。

安心システムのもとで、日本最大級の59,000人もの会員の中からお相手を探すことができる。

 

とら婚の特徴


入会時にオタク診断テスト

とら婚では、入会時にオタク診断テストがあります。

とら婚独自の入会審査があり、オタクでないと入会できない。

これは案外、ファッションオタクが来ないということで良い制度ではないかと思う。

オタク割引あり

このオタク診断テストは、ファッションオタク対策だけでなく、その診断テストのオタク度レベルに応じて、割引の対象にもなる。

クリエイター、コスプレイヤーなど、そのジャンルはさまざま。

オタクであればあるほど、優遇されるシステムです。

婚活イベントも開催

とら婚の特徴として、イベントが多いことが挙げられる。

もちろんオタクが集まるイベントなので、オフ会のようなイメージで合コンやパーティーが開催され、気軽に参加できる。

自動マッチングシステム

また、入会時のオタク診断の結果に応じて、自動で趣味や興味のジャンルが合いそうなお相手をピックアップしてくれる。

自分からガツガツいけないシャイさんでも、おすすめされた子と出会うことができる。

 

とら婚の口コミ

オタク趣味については、偏見なく理解さえしてもらえていれば、目覚めることもあるんだなと思いました。

心が開きやすいです。オタクであることを肯定するだけなら誰でもできますが、実際にニッチな作品への理解があることが解ると「本当に同じ人種なんだな…。」と。ある意味安心しました!笑

「オタクと結婚する為の相談所」より「本物のオタクである婚活アドバイザーがサポートしてくれる相談所」

とら婚の使い方

まずは無料で登録

なにはともあれ、とりあえず無料なので登録だけしてみる。

オタクの世界は広いので、趣味が合う子がいればたとえ結婚まで行かなくとも、恋愛になる可能性は高い。

なにしろ、59,000人も会員がいるので、どんどん会ってみるべき。

【とら婚】オタクに寄り添う婚活 オタクの最高の結婚のために

イベントに参加する

とら婚はイベントが多い。

オタクばかりが集まるイベントなので、趣味が合うイベントにだけ参加すれば良い。

好きなことが同じ仲間が集まるので、気が合う子もいるはず。

アドバイザーに相談

とら婚のすごいところのひとつに、アドバイザー制度がある。

出会いの見つけ方から、デートの練習、セッティングに至るまで、アドバイザーが指南してくれる。

この制度は、自分では気づかないモテポイントをアドバイザーが見つけてくれるので、他でも応用できる良い制度。

 

とら婚がオススメな人

オタク

とら婚はオタクにおススメ・・・というか、オタクでないと割引がきかないので、オタクが優遇されている。

でも自分はオタクじゃない!(たぶん)けど、オタクとこそ出会いたい!という人にもおすすめ。

オタクと仲良くなるのはいいことです。絶対。

シャイ

シャイであまり女子と話せなくて・・・とか、恥ずかしくて合コンなんていけない!という淑女には、とら婚はぴったりだと思う。

お互いシャイならなにも怖くない。

幸せな結婚をしたい

婚活で出会って、結婚までいくメリットは、なにより気が合う人をたくさんの中から、ゆっくり選べることだろうと思う。

そう考えると、趣味が合う相手を選ぶことのできるとら婚は、幸せな結婚生活を一緒に送るパートナーを選ぶのにぴったりだ。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回はとら婚について調べてみました。

同じ趣味の相手を見つけたい!と思ったときには、ぜひ登録してみてください。

ではでは。



コメント