恋活と婚活の違いは?自分が進むべき道は・・・

マッチングアプリの必要性

恋活や婚活という言葉がブームとなっています。
あなたも耳にするようになったと思います。

では 恋活と婚活とはどう違うかおわかりでしょうか。
言葉から連想されるには単純に

恋活は、恋愛活動
婚活は結婚を前提として、新家庭創造活動

という感じでしょうか?

昔ふうにいうならば、

恋活は、恋愛がまずは先、異性と日々楽しくイベントやデートなどを
楽しむ

婚活は、結婚をするために男女の性格や素性をやりとりして
家庭生活への将来性を確認しあう感じでしょうか。

いづれにしても、男女の出会いをきっかけに
恋愛対象としてお付き合いしていく

そして 結婚へと導かれるというのが双方の理想論かもしれません。

ここで意識したいことがあります。

そもそも、、彼氏が欲しい、彼女が欲しい、、
日々のイベントに共に楽しむ相手が欲しい、日々の張り合いが
欲しいというのに関しては

恋活をする必要がありますし、恋活が向いています。

しかし、
年齢を顧みた場合に、そろそろ家庭を築き上げておきたい。


将来設計においての、夫婦、子供とともに人生を生きていきたいと
考えるのが婚活であり、婚活目的で活動するべき人が
行動を起こすものです。

ちょっと難しい説明だったかもしれませんが、
厳密に言うと、こんな感じかもしれません。

では 恋活、婚活において、それぞれどのツールを使えばいいのかは
押さえておきたいポイントがありますので
ここから説明していきたいと思います。

恋活目的の男女と婚活目的に男女との熱量の差

恋活は、恋愛がまずはあって、それから将来のことを二人で
考えようという感じですよね。

長くお付き合いしたけども、結局は正確の不一致がお互い納得しての
お別れとか、遠距離であったり、スレ違いデートだったりと
恋愛時期におけるハードルを取り除くことができなかった場合には
お別れるすることになります。

ただし お互いの納得があれば、素敵な恋愛だったということに
なりますし、また時期をみては恋愛相手を探そうという
気持ちになります。

恋活は、どちらかというと、

年齢的に若く、結婚適齢期前半ぐらいの男女がとくに
将来のことを意識することなく楽しく交際することになります。

一方で、
婚活は、写真やプロフィールにおいて自分も意識する一方で
アテンダントからの紹介される場合も多いので

つねに、「結婚」を目的とした男女の集まりが強力な
サークルとなっており、その最終目的を男女お互いな
納得する上での活動ですので

恋愛を通り越して、人生設計的な意味合いで
活動するので熱量が違いますし、真剣さも違ってきます。

ですので、
恋活は結婚なんてとんでもない、意識があり
婚活は結婚を前提にという意識が必要であり、必須なのです。

この温度差の違いを意識しないと、とくに婚活は
成功していきませんので気をつけましょう。

恋活は幅広い年齢層、婚活は高めの年齢層

結婚を前提に活動する婚活では
女性にとっては条件的に不利な項目が多いことは事実です。

不利な事実とは

年齢が高めの女性

結婚適齢期が女性の場合は20代後半から30代後半と
言われています。
これは、出産を考えた場合と、子供の人数を考えた場合には
おそらく意識の中で、30代前半までには
結婚しておきたいという意識があるため

悪い意味での「あせり」を感じてきます。

このような年齢からタイムリミット的な感じで
プロフィールにおいてもかなり不利に働くのが年齢高めという
わけです。

このようなことから、婚活を意識しだしたら
ためらわず、「結婚相談所」また婚活アプリを利用することに
したほうが、

最悪の、、、
「婚期を逃す」という悲しい現実に会うことはないと思います。

ウソでなく、後悔する女性のほとんどがこのパターンです。

そろそろ、婚活しようかなーというのん気なことを
言っているばあいではないと忠告しておきます。

もうひとつの現実は、、

女性の年齢が上がれば、上がるほど

年上には敬遠され
年下には、おばさん扱いされます。

事実上どちらにも相手にされなくなるという現実が待っています。

そうならないうちに、婚活をしなくてはと思ったら

真剣に考える
真面目に考える

即座に行動する

このことは、意識しておいたほうがいいです。

一方で、恋活は、
結婚を意識することなく、自由きままな恋愛活動ができる点です。

恋活アプリを使うにおいても

彼氏が欲しい、彼女が欲しいと思っていても
自分にマッチしなければ、

焦る必要もないし
恋愛できなくてもそれはそれでいいんじゃね

というゆるーい感覚があります。

このように、婚活はまじめにとりくむ、恋活はゆるーく気ままに
相手探しという気持ちの持ち方に違いがあるため

このような感覚で、恋活、婚活アプリを間違って
使うと大変なことになりますので気をつけてください。

最後に

女性の年齢によって、ここまでは恋愛、ここからは結婚目的
というくくりで、活動するのはよくないかもしれませんが

だいたい婚期を逃す原因というのは、
いつまでたっても、恋愛気分が抜けきらない女性のほうが

婚期を逃しやすいです。

ある程度の恋愛経験を積んだら、その経験を生かして
本当に自分の将来に関わる男性を意識的に探す時期を

もっと早く意識するというのが大事です。

そのためには、、

恋活をして、そのなかから結婚相手を選ぶ、探すが
本来の「王道」ではあります。

結論、まとめとしては

女性は、恋活を積極的に行動を起こし
その相手が誠実で、自分の将来を託してもいい相手を
見つけるのが恋活と定義したほうがいいです。

この年齢までは恋活で恋愛しか考えられない、、ではなく
恋愛しながら、結婚を考えていくことを

恋活から学んでいったらいいとおもいます。

タイトルとURLをコピーしました